サービス内容

サービス内容

ページTOPへ

タイヤ取扱いメーカー

詳細はこちら

ホイール取扱いメーカー

詳細はこちら

ページTOPへ

アルミホイール 修正

せっかく買ったお気に入りのホイールが傷ついたり、曲がったり、割れたりすると悲しいものです。でもあきらめなくてもいいんです。ハシモトゴムでは傷、曲がり、割れを自社工場で修正しています。油圧を駆使した高性能の修正機など最高の設備を使い、経験豊富なスタッフが丁寧に修正を行います。

①浅い傷
歩道の縁石に接触し残念な傷が…
粗研磨と
細かいバフ仕上げ
元の傷は全くわからない精密な仕上がり。
②曲がり
タイヤを通じて力がかかり、こんなに曲がってしまいました。
プレスで曲げ直します。
こんなにきれいに曲げなおしました。
最後にエアもれと、バランスの確認をして、でき上がり。
③深い傷
かなり深く削れている重症
溶接して肉盛りします。
元の形に成型します。
研磨作業で、できあがり。強度も前と変わりません。
④ひび割れ
強い衝撃で、リム部が割れてしまいました。
割れの断面に切り込みを入れ、溶接する部位をきれいに削ります。
溶接によって割れが完全に埋まります。
研磨作業をすれば、全くわからなくなります。
強度は元よりむしろ強くなります。

ホイール修正の例

ページTOPへ

大口径ホイール組み換え

20インチ以上の大口径タイヤとホイールの組み換えは大口径専用タイヤチェンジャーと質の高い技術を必要とします。ハシモトゴムでは究極のインチアップにも対応できるよう高性能の設備と熟練の技を備えたスタッフがお客様をお待ちしています。

ページTOPへ

ランフラットタイヤの組み換え

空気圧が0になっても走行できるランフラットタイヤはサイドウォール部がぶ厚いため一般的には組み替えが困難なタイヤとされています。ハシモトゴムではランフラットタイヤ対応のタイヤチェンジャーを完備しており、経験豊富なスタッフが正確な作業をいたします。
安心してお任せください。

ページTOPへ

バッテリー取付

突然のバッテリーあがり。困りますよね。
ハシモトゴムではバッテリーテスターを使った点検を行いこのようなトラブルを防いでいます。

交換時は時計やその他の重要なメモリー機能を損なうことなく作業をすすめるためにバックアップ電源を使用するなど細心の注意を払って行います。

ページTOPへ

お電話1本で
出張タイヤ交換サービス

●お仕事中に作業ができてしまう便利さ ●奥様のお掃除・お洗濯の間にできてしまう便利さ ●法人様の社用車も使ってない時間にできてしまう便利さ

出張料¥1,050
作業可能な時間:AM10時~PM5時
※日祝日は対応できない場合があります。
要予約:089-975-8052

ページTOPへ

オイル交換

当店自慢の他にはない、価値のある20リットルキープシステム。
本来、低粘度の専用オイルを入れてはじめて低燃費になる省燃費車(シールがリアガラスにはられているクルマ)をお持ちの方、ご家族で何台もクルマを所有している方、このキープはお値打ちですよ~。

詳細はこちら

ページTOPへ

チッ素ガス

チッ素ガスをタイヤに注入することのメリットは想像以上です。タイヤ外部に自然にもれる自然減圧のスピードが1/4以下、摩擦熱が発生しないので圧が上下しにくいなどなど、良いことだらけ、ハシモトゴムでは一度有料で注入したチッ素はそのタイヤが存在する限りその後の補充は無料で行っています。

ページTOPへ

メンテナンス安全点検

タイヤ無料点検

空気圧のチェック
タイヤは適正な空気圧を保ってこそ「走る・止まる・曲がる」等の性能が発揮できるのです。空気圧不足だと基本的性能が損なわれるだけでなく、偏磨耗の原因、燃費の低下にもつながるので定期的な点検を行ないましょう。空気が減った自転車をこぐのは疲れますよね~
傷・ひび割れのチェック
特にサイドウォール部のひび割れは見た目以上に深いものです。念入りにチェックしてバーストによる事故を防ぎましょう。
残溝のチェック
タイヤの溝が浅くなり残り2ミリになると極端に排水性が悪くなり、スリップしやすくなります。

オイル無料点検

エンジンオイルは人間に例えると血液のようなものです。汚れたり、劣化したりするとオイル本来の機能を発揮できずエンジントラブルの原因になります。ハシモトゴムではオイルゲージでオイルのよごれ・量を判断し的確なアドバイスを行っています。
オイル無料点検

バッテリー無料点検

バッテリーの寿命は通常2~3年です。
それ以上使用すると液減りが加速し、内部部位の劣化が進みます。バッテリーあがりを未然に防ぐためにもバッテリーテスターを使った点検を実施しています。
オイル無料点検

ワイパーブレード無料点検

ワイパーゴムが波打っていたり、破れていたりすると、十分な拭き取りができなくなり視界不良につながります。安全視界を確保するためにもシーズン毎の交換をおすすめします。
オイル無料点検

ページTOPへ